top of page
検索

本日、基礎スラブ打設行いました。


基礎打設は建て方と同じように何度経験してもワクワクしますね〜



まずは打設前の配筋検査


配筋検査ではいろいろ確認します。


定着長さ・かぶり厚・配筋ピッチ・配筋径・配筋位置・通り寸法・人通口位置などなど、、、

見えないところもしっかり確認!!


鉄筋は打設すると見えなくなるので、この検査は意外と重要なのです。


そして、昔からかっこいい〜と思ってた、基礎屋さんの鉄線結び


特別にやらせてもらったのですが、基礎屋さんみたいにくるくる〜っと、、、うまくはいきませんでした、、、意外に難しい!!



さらに基礎スリーブ位置と数の確認も済ませ、翌日いよいよ打設です!!




打設当日


ポンプ車+ミキサー車!!遠目からでも目立つこの風貌!!

現場に近くごとにワクワク




打設の時は職人さん一人一人がそれぞれ役割分担をしながらコンクリートを打っていきます。




まずは地中梁部分にコンクリートを流していきます。

すべての箇所に流し終わったらその上の基礎スラブ部分。



打設完了!綺麗に打ち終わりました。

形ができていく様子は毎回面白い!!



そして来週は立ち上がり打設です!!

Commenti


bottom of page